忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017/11/21  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


日用品を節約する

2010/03/11  カテゴリー/節約料理


日用品を節約する

日用品を節約する場合、どのようにしたら良いのでしょう。
使わないようにする・・・というわけにはいかないですよね。
スーパーやドラッグストアなどに行って、安売りをしていたらついつい買ってしまいませんか?その時は得したと思っても、家に帰ると同じ物がいくつもあったといった経験をされた方も多いと思います。
その様なことの無いように、日用品の在庫リストを作っておき、無駄に買い足さないようにする工夫も大切ですね。
また、余分に買わないために、ネット購入を利用するのも良いと思います。
スーパーで安売りしている物に目がいかないので、無駄な買い物をしないで済みます。
それに、重い洗剤なども宅配してくれますので、楽チンですね。
車で買い物をされている方も、ガソリン代が節約できますよ。
日用品は、どうしても買わなければならないと思います。
ですので、なるべく買う回数を減らす努力をするのです。
食器の洗剤でも、なるべく洗剤を使わないように普段から心掛けます。
魚や肉を切るときには、まな板の上に牛乳パックを切ったものを乗せます。
そうすれば、まな板が汚れることもありません。
汚れた牛乳パックを取れば、そのまま、そのまな板で野菜などを切ることが出来ます。
洗う手間が省けると共に、洗剤も使わないで済みます。
その牛乳パックは水ですすぎ、調理器具にこびりついた焦げなどを、こそげ取ることが出来ますね。
このように、日々の努力で日用品も節約することが出来ます。

PR
スポンサードリンク


水道代を節約する

2010/03/11  カテゴリー/節約料理


水道代を節約する

水道のお水をたくさん使用しているのは、どこか・・・と考えると、それはやはりお風呂です。
ですから、そのお風呂の残り湯を、再利用していけばいいと思います。
まずは、洗濯に使用します。
洗いと、すすぎの1回目に利用します。
すすぎ2回目は仕上げのすすぎですから、きれいな水道水を使った方がいいですね。
残り湯を使うことに抵抗を感じる方も多いかもしれませんが、洗いの分だけでも残り湯を使うと水道代の節約になりますよ。
それでも使いたくないと思う方は、無理に使わない方がいいですね。
他には日常の生活の中で、水の出しっぱなしをやめることです。
歯磨きの時に、水を流しっぱなしで磨いていませんか?とっても無駄です。
顔を洗う時も、洗面器に汲み置きをして使えば、無駄が無くなります。
お料理の後の洗い物の時にも、注意することはあります。
食器や、調理器具の油汚れは、新聞紙などで拭き取っておきます。
そうすることによって、簡単に汚れが落ちます。
少しの手間で、水道代が安くなるのですから、やった方がお得ですよね。
また、一軒家の方ですと、庭で雨水を溜めておくことが出来ます。
溜めた雨水で、植木に水をあげることも出来ますし、さらに、車の洗車にも使えます。
他にも、蛇口の中に入っているコマを節水コマに変えることにより、水量を抑えることが出来ます。
いつもの感覚で使っていても、出てくる水量は少なくなっているので、知らぬ間に節約していることになるのです。
頑張って、水道代を節約していきましょう。

スポンサードリンク


食費を節約する

2010/03/11  カテゴリー/節約料理


食費を節約する

何かを節約しようと考えた時、まずは食費を抑えてみようと考える方が多いです。
食費は、工夫次第で少なくすることが出来ます。
食費を節約する第一歩は、無駄使いをしないことです。
買い物リストを書き、そこに書いていないものは絶対に買わない様にします。
買い物に行く前に、スーパーのちらしに目を通し、何が安くなっているのかを把握してから出掛けます。
それでも、スーパーに行くと「本日限り」とか「○%OFF」などの表示が目に入りますよね。
「お得だ」と感じるかもしれませんが、よくよく考えてみると必要の無いものだったりします。
買う前に、もう一度考える必要があります。
それと、大事なことは空腹時に買い物に行かないことです。
お腹が空いていると、余計なものまで買ってしまう可能性があります。
お財布にもお金を入れ過ぎないようにしましょうね。
スーパーには、タイムセールや特売日などが設定されているお店もあります。
良く行くお店のセール実施日を上手く利用すれば、もっとお得に買い物が出来るかもしれません。
そして、商品の底値を覚えます。
特売品と銘打っていても、その商品の底値を知っていれば、惑わされることはありません。
底値の時に買う方がお得ですよね。
生鮮食品は、季節によって価格が変わってきます。
その食品の旬の時期が底値になる確率が高いです。
それに、旬の時期に食すと、栄養価も高く、おいしいです。
節約できる上においしく、栄養価も高いのですから、一石三鳥ですね。