忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017/11/21  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


カニを食べに旅行に行くなら

2010/08/06  カテゴリー/食品・食材


カニを食べに旅行に行くなら

カニと言っても様々な種類があり、その種類によっては現地でしか食べられないようなものも存在しますから、まずどのカニが食べたいのかをはっきりさせる必要があるでしょう。
例えば、越前ガニは福井県沖で水揚げされたズワイガニの事です。
なので、同じズワイガニでも他の地域に行ったら食べられません。
このように、特定の地域で獲れた物をブランド化して名前がつけられたカニで有名なものには、松葉ガニ、加能ガニ、上海蟹などがあります。
カニの種類に関係なく、色々なものを食べてみたいと言うならば、やはり北海道が一番でしょう。
北陸地方ではズワイガニが主流ですが、北海道ではズワイガニの他に、タラバガニ、毛蟹、花咲ガニ、アブラガニ、イバラガニなど、様々なカニが水揚げされます。
もちろん、北海道も広いですから、地域によって水揚げされるカニの種類や味・品質にも違いがあります。
でも、大きな卸問屋もたくさんあるので、比較的容易に北海道全域から集められた魚介類を堪能することができるはずです。
それぞれのカニの産地を一つずつ回って食べるのが理想ではありますが、普通は旅費的にも日程的にも難しいですよね。
短い日程で確実にカニを堪能するなら、大きな卸問屋や市場を回って様々なカニを食べるというのも一つの方法です。
ただ、残念ながら北海道のズワイガニは、ロシアや中国からの輸入物も多いようです。
もし、本格的な国産ズワイガニを堪能したいなら、北海道よりも北陸地方を回る方がいいかもしれません。

PR
スポンサードリンク


カニの種類

2010/08/06  カテゴリー/食品・食材


カニの種類

これまで一般的には、カニといえば、ズワイガニ、タラバガニ、毛蟹、ワタリガニ程度しか見かける機会はありませんでした。
ですが、インターネットの普及によって、様々なカニを入手することが可能になり、これまで特定の地域以外ではほとんど知られていなかったカニを食べるようになった人も多いことでしょう。
インターネットで検索すると、本当にたくさんの種類のカニを探すことができます。
紅ズワイガニ、セコガニ、高足ガニ、松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ、アブラガニ、イバラガニ、花咲ガニなどが、比較的有名なカニだと思います。
ちなみに、松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ、セコガニは全てズワイガニです。
獲れた地域や雌雄によって名前が変わっているだけなのです。
でも、産地や雌雄によって大きさや味にも違いがあるため、呼び名の違いに意味がないわけではありません。
カニの種類や呼び名、特徴を知ることで、自分の好みに合ったカニを購入しやすくなるはずです。
ただ、場合によっては、外見の似ている紅ズワイガニをズワイガニとして、アブラガニをタラバガニとして販売する悪徳業者もいるようですから、購入の際には注意してください。
紅ズワイガニは価格がズワイガニより安いだけではなく、味や食感が劣るといわれています。
一般的には缶詰などの加工用として利用されているカニです。
アブラガニは、人によってはタラバガニより好まれることがあります。
いずれにしても、カニの種類を偽って販売するのは不誠実ですよね。

スポンサードリンク


カニのおいしい季節とは

2010/08/06  カテゴリー/食品・食材


カニのおいしい季節とは

カニは、国内で猟が解禁される時期が決められています。
その時期の間しか猟が認められていません。
これ以外の季節に出回っているものは、基本的に海外からの輸入物か冷凍物です。
海外からの輸入物のカニは、当然冷凍ですが、国内で獲れたカニもこれまではほとんど冷凍でした。
最近では、インターネットの普及により、産地から直接個人で購入出来る流通方法が確立されてきたため、国内のほとんどの地域で冷凍されていないカニを取り寄せることが可能になりましたよね。
でも、それまでは独自のルートを持っている業者以外は、たとえ高級料理店でも冷凍されたカニを使っていたのです。
カニは大変鮮度が落ちるのが早いので、むしろすぐに一気冷凍した方が美味しいともいわれています。
実際、冷凍技術が向上した昨今では、冷凍されたからといって品質が落ちるということはありません。
とはいえ、冷凍されて長期間経ったものが出荷されることには問題があります。
ただ、カニに関しては決して供給量が多くはないので、あまり心配ないでしょう。
基本的に、カニの季節は冬です。
冬は他の魚でもそうですが、寒さから体を守るために身が厚くなります。
魚でいえば脂がのって旨みが増し、カニでいえば肉厚になるのです。
また、冬場は国内のカニ漁が解禁されている時期ですから、産地から獲れたての新鮮なカニを直送で入手することが可能です。
それに、この時期には、爪の折れた訳ありカニなどが、格安で入手できるようになります。
カニを買うなら、やはり冬が一番おすすめですね。