忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017/11/21  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


野菜ソムリエ 資格試験

2009/03/09  カテゴリー/食物・グルメ系資格

野菜ソムリエ 資格試験

野菜ソムリエの資格試験というのはベジタブル&フルーツマイスターの資格試験のことです。
野菜、果物に関わる専門的な資格試験で、日本ベジタブル&フルーツミスター協会が主催している資格試験です。
野菜ソムリの資格試験には三つのレベルがありますから自分がどのレベルまで進みたいのかによって受ける試験が違ってきますが、まずは初級の野菜ソムリエの資格試験が受験するのが一般的です。
野菜やフルーツの魅力を知って毎日の生活に役立てることを目指しているのが初級の野菜ソムリエの資格試験です。
最近は通信講座試験で取得できるということもあり、時間がないという人は通信講座を受けて野菜ソムリエの資格試験に臨むという方法もあります。
野菜ソムリエの資格試験の中でも初級のレベルのものは野菜の選び方から栄養や調理法などの基本的なことですから比較的合格率などは高いと言われていて、現在資格試験合格者は1万人以上もいるといわれているくらいです。
野菜ソムリの資格試験についての詳しいことなどについては、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会へ問い合わせをしたりホームページの公式のものでも紹介されていますから、そちらで確認してみるといいと思います。
今野菜ソムリエの資格試験を受験する女性が多いと言われています。
通学でも通信講座でもどちらでも勉強が出来て資格試験も比較的合格しやすいということもあって人気ですからチャレンジする人も多いのではないでしょうか。
PR
スポンサードリンク


野菜ソムリエ

2009/03/09  カテゴリー/食物・グルメ系資格

野菜ソムリエ

野菜ソムリエとは最近よく耳にするという人も多いかもしれませんが野菜ソムリエは一般的に呼ばれている簡単な名前です。
正式にはベジタブル&フルーツマイスターという名前がついています。
民間の資格なのですが、野菜ソムリエになれる人というのは野菜や果物について熟知していて、食べ方や調理の方法、保存の仕方など幅広い野菜と果物の知識を持っているという人のことをいいます。
野菜ソムリエと一言で言ってもレベルがあります。
初級はジュニアマイスターと呼ぶのですが現在多数の人が持っている資格と言われています。
そして野菜ソムリエの中級はマイスターと呼んでいますが、こちらは現在250人の資格保持者がいます。
マイスターは人にも知識を広く教えてあげられる人です。
そして野菜ソムリエの上級になるとシニアマイスターという名前なのですが現在まだ6−7人しか資格保持者がいないほどレベルが高い資格です。
野菜や果物について知っている知識を活かして社会貢献をする人のことを言います。
野菜ソムリエと言っても今このように色々なレベルでわかれています。
テレビや雑誌、本などを出したりして活躍している人の中には野菜ソムリエのシニアマイスターの女性もいたりして、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。
野菜ソムリエの資格を取得した後は、八百屋さんで働くことはもちろんのこと、百貨店の野菜売り場や食品関係の企業など、幅広い場所で活躍することができます。
スポンサードリンク


ソムリエ試験

2009/03/09  カテゴリー/食物・グルメ系資格

ソムリエ試験

ソムリエ試験とはソムリエになるための試験ですが、まず受験資格がります。
ソムリエ試験の受験資格は5年以上飲食店やレストラン、サービス業を行っている人ということとそして今でもその仕事についているということが条件です。
ですからただ単にワインが好きだからソムリエになりたいという気持ちだけではソムリエ試験を受験することが出来ません。
ソムリエ試験は社団法人日本ソムリエ協会が行っている試験です。
社団法人日本ソムリエ協会は世界20カ国が加盟しているソムリエ国際協会にも入っていますから、ソムリエ試験に合格をしてソムリエの資格を取れば世界20各国で通用するということになります。
たとえばワインの本場でソムリエとして活躍することも夢ではありません。
ソムリエ試験は、1次試験、2次試験からなっていますが、1次試験は筆記試験が行われています。
そして1次試験に合格をすれば口頭試問があり、2次試験は、ワインの利き酒の試験があり、サービスの試験も実技試験として実施されます。
1次試験に合格して口頭試問を含めた実技試験に合格をした人だけがソムリエ試験に合格できるということになります。
レストランなどでソムリエとして活躍をしたい人はソムリエ試験に五格をして資格を取得することが望ましいといわれています。
試験の内容に関しては、ソムリエ試験を実施している協会に問い合わせをして詳しいことなどを聞いてみましょう。
日程や試験実施場所なども確認も日本ソムリエ協会への問い合わせになります。