忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017/12/12  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


アウトドア ダッチオーブン

2008/11/03  カテゴリー/アウトドア料理

アウトドア ダッチオーブン

近年、アウトドアダッチオーブンを使う人が増えていますが、初めての人はどう使えばいいのかわからないのではないでしょうか。
どんな料理でもこなせるダッチオーブンも、使い方がわからないとタダの鍋になってしまいます。
まずダッチオーブンとは、分厚い金属製の蓋つきの鍋のうち、蓋に炭火を乗せられるように加工した鍋のことです。
上においた炭火を利用することから「オーブン」として使えるわけです。
そして鍋に厚みがあることで、鍋全体が均一の温度に保たれ、食材にじっくりと火が通ります。
蓋の重さと蒸発した水分で、鍋と蓋の間に膜ができるため鍋が密閉状態になるので、圧力鍋と同じ効果を得られ、また水分が逃げないことで無水調理もしやすい、まさに万能の鍋といえるでしょう。
これ1つで何でもできる、となれば誰もが使いたがるでしょう。
しかし、ダッチオーブンを使用する前にやっておく作業があります。
シーズニングと呼ばれ、黒さびの皮膜で覆うことで鍋の腐食を防ぐ作業です。
長年の使用で黒くなったダッチオーブンは「ブラックポット」と呼ばれています。
シーズニングの方法ですが、まずさび止めのオイルを洗剤を使って落とします。
次に鍋と蓋の全体に無塩の植物油(オリーブオイル等)を薄く丁寧に塗りこみ、火にかけて鍋を熱し、自然冷却させます。
次に鉄くささをのぞくため、香味野菜の野菜くずを炒めます。
最後にスポンジや亀の子たわしなどで洗い、から焼きして乾燥させて終了です。
シーズニング後は油を使った料理などをするとよいとされています。
これからダッチオーブンを使う人も、ぜひ「ブラックポット」目指して使い込んでみましょう。
PR